オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

オックスファムの歴史

オックスファムの設立

1942年、ナチス軍による攻撃で窮地に陥っていたギリシア市民に、オックスフォード市民5人が、食糧や古着を送ったことが、オックスファムの始まりです。「オックスフォード飢饉救済委員会(Oxford Committee for Famine Relief)」という名で活動を行なっていましたが、その後、オックスファム(Oxfam)と名称を改めました。 1948年にオックスフォードではじめて、オックスファムのチャリティーショップを開き、市民レベルでの活動を開始するとともに、第二次世界大戦後のヨーロッパの戦後復興、植民地独立への難民支援、自然災害に対する緊急支援などを行ない、その支援活動の歴史を刻んできました。

ヨーロッパ支援から全世界へ

ヨーロッパの復興ともに、発展途上国に目が向けられるようになりました。1961年、海外事務所を初めて設立し、それをきっかけとして、「現地の人びとの生活が自立するように、人びとが自分の作物を作ることができる援助」を目指し始めました。 英国だけではなく、世界各地で新しくオックスファムを設立したり、賛同する団体がオックスファムに合流するなどの形を取って、木々が根をはるように、世界中にオックスファムが根付き、生命を持ち始めました。 オックスファムの活動は次第に、現地団体・現地NGOとのパートナーシップに軸が置かれるようになります。一方、先進国ではただお金や服を送るだけでなく、貧困を根本から解決するために、キャンペーン活動を積極的に行なうようになりました。

90年代から現在まで

90年代以降、人びとは、国境や地域に関わりなく、地球規模で考えることが必要とされ始めました。オックスファムはその動きに伴い、「オックスファム・インターナショナル」として、世界各地のNGOの連合体として生まれ変わりました。 各国のオックスファムは、互いに対等な関係を保ち、どこが支部という訳ではありません。それぞれの国事情に合わせた独特のスタイルを持ち、それぞれを生かしながら、同じビジョンを共有する仲間として、強い結束力を持ちます。支援活動の現場だけではなく、国際会議など国際政治の舞台で、オックスファムの国際的な結束力を生かし、より包括的な政策提言を行なっていきます。

オックスファム・フォトヒストリー

画像をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。

EP1m.JPG1942:
飢餓救済のための「オックスフォード飢餓救済委員会」(オックスファムの前身)による最初の会議の様子が記録された冊子


© OXFAM
EP2m.JPG1940年代:
オックスファムの食料援助を受けるギリシャの少年


© OXFAM
EP3m.JPG1940年代後半:
ドイツの学校給食プログラム


© OXFAM
EP4m.JPG 1946:
オランダにて、オックスファムが配布する肝油と麦芽エキスを受け取った少女


© OXFAM
EP5m.JPG1940年代後半:
オックスフォードのブロードストリートにオープンした、オックスファム・ショップ1号店


© OXFAM
EP7m.JPG 1940年代後半:
オックスファム1号店の商品を眺めている歩行者

© OXFAM
EP6m.JPG1947:
オックスファムのスタッフやボランティアによって運び込まれる、寄付された衣服や日用品

© OXFAM
EP10m.JPG 1957-1958:
アルジェリア内戦にて、寄付された衣類を受け取るために採寸を受ける少女


© OXFAM
EP.11.JPG1957-1958:
アルジェリア内戦にて、オックスファムから難民へ毛布が配布される

© OXFAM
EP8m.JPG1959-1960:
世界難民年にオックスファムに集められた衣服

© OXFAM
EP9m.JPG1959-60:
世界難民年に、衣類や寄付金を集めるオックスファムのメンバー

© OXFAM