オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

UPDATE! 1月27日(土)公開シンポジウム:日本の格差対策への提言

公開シンポジウム
日本の格差対策への提言~格差縮小コミットメント指数から見た世界の取り組みとの比較から~

1月27日(土)、オックスファム・ジャパンは、公開シンポジウム「日本の格差対策への提言~格差縮小コミットメント指数から見た世界の取り組みとの比較から~」を開催いたします。多くの方のお申込みをお待ちしております。

開催日時:2018年1月27日(土)13:00 - 16:00
会場:慶應義塾大学 三田キャンパス東館8階ホール
(会場が変更になりました。北館ではありませんのでご注意ください)
参加費:無料
定員:100名(事前申込制)
申込みURL:https://goo.gl/1DA6rP
アクセス:田町駅(JR山手線/京浜東北線)徒歩8分
     三田駅(都営地下鉄浅草線/都営地下鉄三田線)徒歩7分
     https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

開催趣旨
格差に関する取り組みの一環として、オックスファムは、「Commitment to Reducing Inequality Index (格差縮小コミットメント -CRI- 指数)」とその指数による152カ国のランキングを示した新たな報告書を発表しました。CRI指数は、各国政府の格差への取り組みをその政策から評価することを試みるもので、精査の対象となるのは、(1)税制(2)教育・保健・社会保障(3)労働政策の3分野です。

本シンポジウムでは、CRI指数の概要説明とグローバルなランキングを概観したのち、日本のランキングの解説と格差対策の評価、格差縮小に向けた提言を日本版ディスカッションペーパーの執筆を担当した井手英策・慶応義塾大学経済学部教授よりご報告します。後半は、パネリストを交え、みなさまとともに格差への具体的取組みのあり方について考えたいと思います。多くの方のご参加をお待ちしています。

プログラム(予定)
13:00 開会挨拶
13:05 オックスファムCRI指数 報告書 趣旨と概要説明
13:20 基調講演
「日本の格差:現状と政策の特徴、そして今後へむけての提言」
井手英策氏(慶応義塾大学経済学部教授)
14:30 休憩
14:45 パネルディスカッション
    パネリスト:井手英策氏(慶応義塾大学経済学部教授)
    パネリスト:大西連氏(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事長)
    パネリスト:治部れんげ氏(経済ジャーナリスト)
    モデレーター:森下麻衣子
    (オックスファム・ジャパン アドボカシー・マネージャー 兼 事務局次長)
16:00 プログラム終了

登壇者プロフィール
s_格差シンポ登壇者バナー.jpg

  • 井手英策氏(慶応義塾大学経済学部教授)<基調講演・パネリスト>
    1972年生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。日本銀行金融研究所、東北学院大学、横浜国立大学を経て、現在、慶應義塾大学経済学部教授。専門は財政社会学。日本医師会、総務省、全国知事会、全国市長会等の各種委員のほか、朝日新聞論壇委員、小田原市「生活保護行政のあり方研究会」座長なども歴任。著書に『財政から読みとく日本社会』(岩波書店)、『18歳からの格差論』(東洋経済新報社)ほか多数。2015年度大佛次郎論壇賞、2016年度慶應義塾賞を受賞。
  • 治部れんげ氏(経済ジャーナリスト)<パネリスト>
    大学卒業後、経済誌記者を16年務める。2014年より独立。2006~2007年ミシガン大学フルブライト客員研究員。著書に『稼ぐ妻 育てる夫:夫婦の戦略的役割交換』(勁草書房)など。東京都男女平等参画審議会委員。日本政府主催の国際女性会議WAW!国内アドバイザー。公益財団法人ジョイセフ理事。一般財団法人女性労働協会評議員。
  • 大西連氏(認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事長)<パネリスト>
    1987年東京生まれ。認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事長、新宿ごはんプラス共同代表など。著書『すぐそばにある「貧困」』(2015年ポプラ社)。日本の貧困、格差をテーマに、生活困窮者支援やホームレス問題に取り組みながら、社会的発信や政策提言もおこなっている。現在、政府のSDGs推進円卓会議の構成員も務める。
  • 森下麻衣子(オックスファム・ジャパン アドボカシー・マネージャー 兼 事務局次長)
    <モデレーター>
    慶応義塾大学法学部法律学科卒業。 外資系投資銀行等を経て、2010年、オックスファム・ジャパン入職。貧困削減の観点から主に気候変動や食料問題などに関する調査提言(アドボカシー)を担う。2015年より現職、調査提言事業を統括。

チラシ(PDF版)はこちらよりダウンロードいただけます。

主催:特定非営利活動法人 オックスファム・ジャパン

カテゴリ:イベント
タグ:
国: