オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

1月25日(水): 連続公開セミナー「食べものの危機を考える」2016年度第2回

食料危機アラートはどうやって出されのか?FAOの情報にアクセスして考える世界の食料問題

 公開連続セミナー「食べものの危機を考える」第二弾。前回は、荒廃地化した農地を、農家資格のない市民、障害者、高齢者、若者や子どもたちが、環境保全型の農業を持続することで農地として復活させてきた見沼田んぼ福祉農園に関わる経験を聞き、国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」が掲げる「誰も置き去りにしない(leaving no one behind)」を考える良い機会となりました。

 今回取り上げるのは、70年代初めの世界的な食料危機への対応の中で誕生したFAO(国際連合食糧農業機関)の世界食料農業情報早期警報システム(GIEWS: Global Information and Early Warning System on Food and Agriculture) が作成する「Countries Requiring External Assistance for Food」です。これは今、どの国がどのような状況で食料支援を必要としているのかを示す基本的な資料として広く参照されています。GIEWSは食料生産・需要・利用・備蓄・価格の現況を報告し、3カ月と半年先の食料状況を予想するレポート「Crop Prospects and Food Situation」(年4回)、「Food Outlook」(年2回)も発行しているほか、FAOは農業・林業・水産業の現況と課題を明らかにするレポートを発行し、多くの問題提起を行っています。
 今回のセミナーでは、これらの情報、レポート等へのアクセス方法や活用法を紹介します。
 実際にFAOレポートに触れながら、一緒に世界の食料問題について考えていきましょう。

問題提起
斉藤龍一郎さん アフリカ日本協議会(AJF)理事・明治学院大学非常勤講師
立命館大学生存学研究センター運営委員。明治学院大学法学部で「NGO論」を教える。2004年からAJFで食料・農業問題を担当し、2008年開始の連続セミナーの企画・運営に携わる。農林業国際協働協会(jaicaf)発行の季刊誌「世界の農林水産業」に掲載される世界食糧農業機関(FAO)の世界食料情報の翻訳を担当。

日時 2016年1月25日(水) 19:00~20:30 (18:45開場)
会場 明治学院大学白金校舎 本館2F1251教室
アクセス http://www.meijigakuin.ac.jp/access/shirokane/
(JR品川駅・目黒駅よりバスで約10分、東京メトロ白金高輪駅、白金台駅、高輪台駅より各徒歩約7分)
資料代 500円
*共催団体会員、明治学院大学学生・関係者は無料
申込み (特活)アフリカ日本協議会 担当:斉藤
*件名を「食べものの危機を考えるセミナー第2回申し込み」として、次のメールアドレスあてにお申し込みください。saito@ajf.gr.jp
共催  (特活)アフリカ日本協議会(AJF)、(特活)日本国際ボランティアセンター(JVC)、(特活)オックスファム・ジャパン、(特活)ハンガー・フリー・ワールド(HFW)、明治学院大学国際平和研究所(PRIME)

カテゴリ:MDGs/SDGs/ポスト2015 ,イベント
タグ:FAO
国: