オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

10月16日(金): WORLD FOOD NIGHT-食の問題に対して私たちができること-

10月16日は国連が定めた「世界食料デー」です。
オックスファム・ジャパンでは、食料問題にかかわる他のNGOや国連機関などと一緒に「世界食料デー」に関連して表記のイベントを開催いたします。
本イベントを通じて、世界の食料問題に対して、一人ひとりができることを考え、また、同じ気持ちをもって行動する人々が繋がれる場所になればと考えています。

世界の食料問題の解決に向けて、何か行動している人は活動を共有する場として、これから何か始めたいと思っている人はそのヒントを見つける場として、ぜひお気軽にご参加ください!

【詳細】
WORLD FOOD NIGHT-食の問題に対して私たちができること-
日時:   2015年10月16日(金)19:00-21:00(開場18:30)
場所:   3331 Arts Chiyoda
    (東京都千代田区外神田6丁目11-14)   
アクセス: 東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
     東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
     JR御徒町駅南口より徒歩7分
     JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分
     (http://www.3331.jp/access)
対象:   食料問題や社会問題に関心のある学生、会社員、NGO/NPO職員など
定員:   50名
参加費: 一般2000円/学生1800円(軽食とフェアトレードコーヒー・紅茶付)
*早割り⇒10月5日までにお申し込みいただいた方(一般1800円/学生1500円)
* 学生の方は当日学生証の提示をお願いします。
* おつりのないようにお願いします。
* 会場内のカフェにて、飲料(アルコールも含む)を追加購入することもできます。
主催: 「世界食料デー」月間2015呼びかけ団体       

【参加お申込み】
お申し込みフォームに必要事項を入力してから送信してください。
https://goo.gl/sTvfbA
* 申し込み後、致し方ない理由でキャンセルする場合は10月12日までにご連絡ください。12日以降はキャンセル料が発生します。

【プログラム】(予定)
19:00 趣旨説明
19:05 開会の挨拶
国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所長 M.チャールズ・ボリコ
19:15 プレゼンテーション
19:40 交流タイム
20:00 プレゼンテーション
20:25 交流タイム
21:00 閉会の言葉

【プレゼンター】(五十音順)
齋藤実央さん
1988年生まれ。首都大学東京を卒業後、日本赤十字社に入社し、高校生・大学生を対象とした国際交流プログラムやリーダーシップ研修などを担当。2014年に退職し、渡英。ヨーク大学修士課程にて、市民教育(シティズンシップ教育)を研究。

城宝薫さん
立教大学経済学部4年。大学3年次に「株式会社テーブルクロス」を設立し、代表取締役社長に就任。飲食店を予約すると人数分の給食を途上国のこどもたちに届ける社会貢献型グルメアプリ「テーブルクロス」を展開中。

高原 恵
セカンドハーベスト・ジャパン(2HJ)のボランティアコーディネート担当。大学卒業後、企業で勤務を経て2009年7月より現職。国内外から毎週100名以上が参加しているボランティア活動のマネージメントをしている。

田村るみ
ハンガー・フリー・ワールド ベナン支部・ブルキナファソ支部担当。大学卒業後、メーカー勤務を経て青年海外協力隊員として西アフリカのニジェールへ。2年間の現地活動後に帰国。2010年4月より現職。

*他、調整中。「世界食料デー」月間2015呼びかけ団体、9団体の職員も会場にいますので、自由に会話ができます。

【お問い合わせ】
「世界食料デー」月間2015事務局、ハンガー・フリー・ワールド(担当:儘田)
Email:info@hungerfree.net TEL:03-3261-4700

「世界食料デー」月間2015ホームページ
ホームページ:http://www.worldfoodday-japan.net
フェイスブック:https://www.facebook.com/worldfoodday.japan

【「世界食料デー」月間呼びかけ団体】
 アフリカ日本協議会、WE21ジャパン、オックスファム・ジャパン、
 国際農林業協働協会、セカンドハーベスト・ジャパン、
 日本国際飢餓対策機構、ハンガー・フリー・ワールド、緑のサヘル、
 国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所

20151016WFN.jpg

カテゴリ:イベント
タグ:
国: