オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

インド洪水緊急支援にご協力ありがとうございました!

ありがとうございました!!!

「インド洪水緊急支援」の受付は2008年10月31日をもって終了致しました。
2008年9月1日から2008年10月まで延べ2ヶ月間、多くの皆様から温かいご支援を頂 きました。
ここに深く感謝申し上げます。

ご寄付金(総額787,808円)はオックスファム・イ ギリスを通しまして、 現地でより多くの被災者を救援するために役立たせていただいております。


インド:洪水で270万人が家を追われ、水、食料が不足しています。

〜緊急募金にご協力お願いいたします。〜
オックスファムは、2008年8月末、インド東部ビハール州で起こった過去50年間で最悪の洪水被害に対し、現地のパートナー団体と共に緊急支援活動を始めました。

被害状況:
2008年8月18日、コシ川上流のネパール側の堤防が豪雨により決壊し、川の流れが120kmも西に移動、何の備えもしていなかった下流の村々をまたたく間に飲み込みました。これまで270万人以上が家を離れ、うち100万人以上が150箇所の避難キャンプに身を寄せています。

IndiaFloods1.gif
「今回の被害はとても深刻です。何百万人もの人々が家を失い、避難所は密集し、野外での生活を余儀なくされている人々もいます。安全な水が手に入らない人々は何千人にも上り、感染症などの影響が懸念されています。スパウル県では人々の命を助けることに全力で取り組んでいますが、そのためには支援をまだまだ拡大していく必要があり、より多くの皆さまからの支援がなければ、それを達成することができません。」
オックスファム人道支援責任者 Jane Cocking

オックスファムの対応:
現地パートナーと共に緊急で支援活動を始めています。モーターボートで洪水の中取り残された人たちの救助活動を行うほか、水の浄化セットやバケツ、防水シート、シェルターシートなどを特に被害の深刻なスパウル県の5ヶ所のキャンプ場で配布しています。

IndiaFloods2.gif
しかし、被災状況の深刻さからその支援は不十分です。オックスファムでは、今後支援の規模を拡大していく予定ですが、そのためには資金が足りません。 避難キャンプの衛生状態は悪く、水、食料、シェルターが不足しています。また、復興するまでの道のりはとても長くかかることが予想されます。 より多くの被災者を救援するため、皆さまからのご支援が必要です。

オックスファム・ジャパンでは、「インド洪水緊急支援募金」を設けております。 募金にご協力お願いいたします。

カテゴリ:インフォメーション
タグ:
国: