オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

国連での武器貿易条約(ATT)交渉開始:早期締結を!

国連での武器貿易条約(ATT)交渉開始:早期締結を!

ニューヨーク: 「コントロール・アームズ」キャンペーン プレスリリース
本日2010年7月12日、国連において、192カ国による武器貿易条約(ATT)交渉が本格始動しました。

本日から7月23日まで、2012年の最終的な条約交渉会議に向けた準備委員会の第一回会合が、ニューヨークの国連本部で開催されます。

2003年10月以降、オックスファムなどのNGOは、ATTの締結を求める「コントロール・アームズ」キャンペーンを世界100カ国以上で展開してきました。本日の正式交渉開始にあたり、キャンペーンのNGOは、毎年何千人もの命を救う可能性のある国際条約を、一刻も早く作成するよう求めました。

約1分に1人が、武器の使用を伴う暴力のために命を落とし、さらに1日に数千人が怪我を負うなどしています。1989年以降の128の武力紛争では、1年につき少なくとも25万人が命を失っています。

「コントロール・アームズ」キャンペーンは、通常兵器の国際移転を規制するべく、強固で有効な条約を起草するようできる限りの外交努力を重ねることを、各国政府に求めています。全ての兵器、弾薬や関連用品の国際移転を規制するための、法的拘束力を持つ合意が早急に必要とされています。

現時点では、通常兵器の国際移転を規制するための包括的で法的拘束力のある国際ルールは存在しません。武器は、各国による規制の抜け穴を通って、紛争地帯に流れたり、人権侵害に使われたりしています。

オックスファムの「コントロール・アームズ」キャンペーンの指揮をとるアナ・マクドナルドは、次のように述べています。
「もはや、遅延や言い訳は通用しません。武器が戦争や人権侵害に使われるのを防ぐべく、最高水準の規制合意を達成するために、全ての国が努力しなければなりません。各国が武器の国際移転を規制するための明確なルールが必要です。しかし、これは簡単なことではありません。これから2週間、国連加盟国は交渉を本当に前進させること、つまり条約の草案を作成することが求められています。」

人命を救い、暮らしを守るためには、ATTには国際人権法や国際人道法、そして持続可能な開発に関する明確な移転基準が含まれる必要があります。

2006年に圧倒的多数で国連総会決議が採択され、ATTに関する国連の場での議論を開始することになってから4年。やっと本格的な条約交渉に向けて、各国は動き始めました。2012年の最終的な条約交渉会議の前に、各国が交渉できる時間は、合計しても4週間です。

ブラジルのNGOで武器規制の政策・アドボカシーを担うダニエル・マックは、次のように述べています。
「世界で最も貧しい人びとの約半数が、武力紛争下か、あるいは紛争がいつ起きてもおかしくない状況に置かれています。通常兵器、特に小型武器・軽兵器やそれらの弾薬は、重大な人権侵害にあたる行為の大半において使われています。今こそ、国家を守るだけでなく、本当に人びとを守るようなATTを締結すべき時です。」

2006年以降、ATTに関する一連の国連総会決議では、アフリカ、南北アメリカ、ヨーロッパやアジアの大半の国々が、ATTの形成に支持を示しました。2009年12月、国連総会において、192カ国中151カ国がATTの正式交渉開始に賛成票を投じました。しかし約20カ国は、ATTに関するこれまでの国連決議について棄権し続けています。

アムネスティ・インターナショナルの武器規制を担当するブライアン・ウッドは、次のように述べています。
「これから2週間のニューヨークでの交渉を、少数の国々が窮地に追いやるような事態にしてはいけません。人命を救い、生活を守り、人権を守るために、強固で有効なATTを作ることが、世界で求められています。」

-----------------------------------------------------------------
取材ご希望の方は、こちらまでご連絡ください。
●Louis Belanger (Oxfam): +1 9172240834 Louis.belanger@oxfaminternational.org
●Tom Mackey (Amnesty International): +44 7904 398 285 tom.mackey@amnesty.org
●Bruce Millar (International Action Network on Small Arms: IANSA): +44 207 0650867 - Bruce.Millar@iansa.org

オックスファム・ジャパンの担当者も、17日にニューヨーク入りし、会議後半(7月19日-23日)に参加します。
●夏木碧(ポリシー・オフィサー):midori@oxfam.jp

国連ATTプロセスのこれまでの動きや、オックスファム・ジャパンの活動については、以下のリンクでご覧いただけます。
http://oxfam.jp/issues/cat24/cat81/
http://oxfam.jp/issues/cat24/cat102/

オックスファムは、独立した国際協力NGOの国際的な連合体です。それぞれの団体はアメリカ、アイルランド、イギリス、イタリア、インド、オーストラリア、オランダ、カナダ、ケベック、スペイン、ドイツ、日本、ニュージーランド、フランス、ベルギー、香港、メキシコを拠点として活動しています。
www.oxfam.jp

カテゴリ:プレスリリース
タグ:pressrelease
国: