オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

G20閣僚会議に対するオックスファムの見解

G20閣僚会議に対するオックスファムの見解

G20財務・開発大臣会合に関し、オックスファムは以下の見解を発表しました。

ルック・ランプリエレ(オックスファム・フランス事務局長)

金融取引税
金融取引税(FTT)は実現に向かって加速を始めました。FTTは世界の最貧層の人々が貧困と闘い、気候変動に適応を可能にする強力なツールとなりえます。

船舶・航空燃料サーチャージ
船舶と航空燃料に対するサーチャージは、気候変動への適応資金を必要とする貧困国への大きな支援となります。

国内資金の動員
G20が透明性と腐敗の撲滅に関心を示していることは歓迎すべきことですが、タックス・ヘイブンに関する言及がありませんでした。G20は途上国への開発資金の調達を検討していますが、途上国から資金を奪ってしまう脱税者の問題について手をつけていません。

G20は、途上国を出入りする資金フローの透明性を向上させ、途上国の腐敗撲滅の取り組みを支援すべきです。

農業
G20は食料価格危機の解決に本気に取り組むべきです。そのためには、金融市場に対する規制強化と透明性向上が欠かせません。

価格高騰の火に油を注ぐ投機活動を抑制するために、G20は規制強化を指示しなければなりません。

西アフリカの地域食料備蓄の発表
オックスファムはこの発表を歓迎します。食料備蓄は世界的に低レベルにあり、オックスファムは食料価格への対応策の一環として備蓄強化を求めてきました。しかし、備蓄が必要なのは緊急時に限りません。地域内の価格を規制し、将来の危機を回避するためにも、平時から準備される必要があります。


*本件に関するお問い合わせは、以下までご連絡ください。
Caroline Hooper-Box + 1 202 321 2967 caroline.hooper-box@oxfaminternational.org
山田太雲  +1 240 423 7184 takumo@oxfam.jp

詳しくは、オックスファムのウェブサイト(英語)をご参照ください
http://www.oxfam.org

カテゴリ:プレスリリース
タグ:pressrelease
国: