オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

【シリア危機】シリア国内での活動状況

プレスリリース

オックスファムは、シリア国内の政府軍の支配地域と反体制派の両支配地域にて、水分野での 支援(水処理工場への電源供給や水道システムの保全などの支援)、および衛生分野での支援を 行っています。11月末現在で25万〜30万人(推定)の市民に安全な水を届けました。

オックスファムは現地で10人の実施チームを編成し、支援地域の水道業者、水道委員会、水資源省などと協力しながら活動を進めています。中部から西部にかけての都市(首都ダマスカスとその周辺、ハマ、ホムス、イドリブ)にて、政府軍と反体制派それぞれの支配地域にある水道システムへの支援を行っています。

シリアのインフラは、従来大規模で整っていましたが、現在は戦闘によって損傷を受けた箇所や、メンテナンスがされず機能していない箇所が数多くあります。また、内戦下で経済活動が衰退し、水道料金の徴収も難しいため、水道システムの維持費確保も困難です。

オックスファムは11月下旬に、トラック大の発電機を設置し、水処理工場2箇所への電源供給を開始しました。これにより、新たに1時間当たり70万リットルの水がダマスカス市内および首都圏に供給可能になりました。1人1日15リットルの水を使うと計算すると(※)、毎時間約5万人の人々に水を届けていることになります。

今後さらに16機の発電機を設置し、水処理工場への電源供給を行ってシリアの人々に安全な水を供給 する予定です。

※1人1日15リットルの水: 人道支援に関する国際基準「スフィアスタンダード」による。スフィア スタンダード掲載の基本指標によると、気候や生活習慣などによって異なるが、平均して1人1日 15リットルの水が必要と示されている。

Oxfam_Syria%20Photo_81878.jpg

<写真>
20トンに及ぶ給水タンクと衛生設備をシリアへ届けるトラック。レバノンのベイルートを通ってシリア国内に運ばれた。

Oxfam_Syria%20Photo_81871.jpg

<写真>
シリア国内に運ばれる給水タンクや衛生設備のリスト(一部)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
皆さまのご支援をお待ちしております。ご寄付により、例えば5000円 で1家族約5人分の安全な水を供給する支援を行うことができます。

◆クレジットカードによるご寄付
下記リンクより、クレジットカードでご寄付いただけます。
https://www.oxfam.jp/forms/donate_form.php
*ご寄付の種類は「シリア危機」をお選びください。

◆郵便局(ゆうちょ銀行)からのご寄付
払い込み用紙に下記をご記入の上、窓口でお支払いください。
 口座番号:00140-6-53804  口座名:OxfamJapan
*通信欄に「シリア危機」とご明記ください。
*領収書がご入用の方は、通信欄に「領収書必要」とご記入ください。

本件に関するお問い合わせは、以下の連絡先までご連絡ください。
(特活)オックスファム・ジャパン 担当: 佐々木
電話番号:03-3834-1556
Email: media@@oxfam.jp(@を一つ消して送信してください)

オックスファムは世界94カ国で活動する国際協力団体です。
オックスファム・ジャパン: http://oxfam.jp/
オックスファム・インターナショナル: http://www.oxfam.org/

カテゴリ:プレスリリース
タグ:pressrelease
国:シリア