オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

特定非営利活動法人オックスファム・ジャパン解散のお知らせ

 特定非営利活動法人オックスファム・ジャパンは、2003年の設立以来15年にわたり、皆様のご厚情とご協力をいただき本日まで活動して参りましたが、2018年9月28日に解散総会を開催、そこでの承認により、9月30日をもって日本における15年の活動に終止符を打ちました。皆様の暖かいご支援のなかでの苦渋の選択となりましたが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 オックスファム・ジャパンは、2003年にNPO法人として設立し、みなさまのご支援を受けて「貧困のない社会」を目指して、本日まで活動をして参りました。2012年にはオックスファム国際NGO連合(Confederation)の一員(アフィリエイト)になりました。以来、多くの寄付者の皆様、企業、財団、政府のご支援やオックスファム国際NGO連合の協力のもと、様々な活動を行ってまいりました。格差・不平等、ジェンダー・ジャスティスなどのテーマで日本政府や国際機関に対する政策提言やアドボカシー活動、人道支援活動、国際協力プログラム、ショップ活動など、幅広い事業を実施しました。

 2011年3月11日に東北地方を襲った東日本大震災では多くのご支援をいただき、女性支援を中心とした復興支援活動を行ってきました。また2015年からは富士・箱根で行ってきたトレイルウォーカーの活動を福島県に移し、復興支援活動の次の段階として現地との新たな関係を築いて参りました。また社会正義にコミットする若者のネットワークも構築してまいりました。

 しかしながら、ここ数年、経営資源上の問題が悪化したことから、何度か立て直しをはかってまいりましたが、オックスファム国際NGO連合(Confederation)の一員として自立していくことが困難と判断するに至り、今年の3月に理事会として解散の方向性を決定いたしました。

 これまでオックスファム・ジャパンとともに貧困と格差のない社会を目指して共に活動をしてきてくださった支援者の皆様、職員、連携・協力をお願いしてきた団体や個人のみなさまに、心より感謝を申し上げたいと思います。

 解散にあたり、オックスファム・インターナショナルとともにロードマップを作成して参りました。これまで国内外で取組んできた事業については、志を同じくする他団体に引き継いでいただきたいと思っております。

 マンスリーサポーターの皆様からの暖かいご支援は5月末をもって終わりにさせていただきました。またこれまでの皆様からのご寄付は、2016年の熊本地震後、現地でスタートした母子支援活動へのご寄付と、オックスファムが世界で行う人道支援活動に使わせていただきたいと存じます。

 最後に、これまで、オックスファム・ジャパンとともに、貧困、経済搾取、ジェンダー不平等のない公正な社会を目指して、ご協力、ご支援をいただきました支援者の皆様、資金提供者の皆様、連携・協力をしてくださった皆様、そしてNGOの皆様に心より感謝を申し上げます。今後は、世界90カ国以上で活動をするオックスファム国際NGO連合のメンバー団体へのご支援のほうもお願いしたいと思います。オックスファム・ジャパンは解散になりますが、貧困を克服する人々の力を信じ続け、いつかまたオックスファムが日本に戻ってくることを期待しております。

 これまで本当にありがとうございました。

特定非営利活動法人オックスファム・ジャパン
前代表理事 黒田かをり
前理事会一同


本件に関するお問い合わせは以下にお願い致します。
pcoojp1001@gmail.com

カテゴリ:プレスリリース
タグ:
国: