オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

STAFF BLOG スタッフブログ

オックスファム・ジャパンのスタッフの日々をお送りします。

[CHANGE]「キャンパスや地域でアクションを起こしていくために」

Posted by: オックスファム・ジャパン

オックスファム・ジャパンでは貧困のない公正な社会の実現に向けて、若者の可能性を重視しており、2011年よりユースプログラムであるCHANGE Initiativeを開催し、日本各地の学生と、貧困のない公正な世界の実現に向けて活動をしています。

チェンジ・ウィーク3日目から最終日にかけて、チェンジ・リーダー達は各々のキャンパスに帰った後に、オックスファムの目指す「貧困のない公正な世界」の実現に向けたアクションプランの作成を行いました。

また、2日目の夜には、アクションプランを具体的にイメージしやすくするために、Wake Up Japanと共同製作した新しいワークショップ「キャンパス活動シミュレーション」を行いました。

このワークショップは主に大学にて社会活動を進めていく上での戦略的思考を育むボードゲーム型のシミュレーションです。2年間という限られた期間の中で、キャンパスや地域内で協力者を獲得し、社会活動を活性化することを目指して進めていきます。

ゲームの進め方に悩むチェンジ・リーダー達をみて、2年前、自分が参加した際にアクションプランが中々立てられなかったこと、チェンジ・イヤー中思い描いていた活動が出来ずにモヤモヤしていたことを思い出しました。

ワークショップを通して、チェンジ・リーダー達がキャンパスや地域で活動する上で、目的に向かって一歩ずつ行動を起こすことの大切さを実感できているように感じました。その後のアクションプラン作成では、大きなイベントを開催することだけではなく、長期的視点を持った行動を組み込むことができているような印象を受けました。
みなさんのプランには私も共感することが多く、新たな気づきを得られました。
20180312_2.jpg

(2016年度チェンジ・リーダー / 2018年度チェンジ・ファシリテータ 杉田 菜花)

カテゴリ:イベントボランティア
タグ: