オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

STAFF BLOG スタッフブログ

オックスファム・ジャパンのスタッフの日々をお送りします。

トレイルウォーカー 大会後の踏圧・植生調査と清掃に行ってきました

Posted by: オックスファム・ジャパン

7月20日 (月)~21日(火)、オックスファム・トレイルウォーカー東北2015のコースの踏圧・植生調査と清掃に行ってきました。
On July 20th and 21st, Oxfam Japan staff conducted a trail clean up and surveys to assess the impact of the Oxfam Trailwalker Tohoku 2015 on the environment.

踏圧調査とは、登山者が通ることによって起こる地形や地面の硬度変化などを測ることで、植生調査とは、コース周囲の植生の状況変化を調べることです。オックスファム・トレイルウォーカーでは、イベントの事前と事後の登山道での環境変化を把握するため、毎年、踏圧と植生の調査を行っています。
Tread pressure surveys measure the change in terrain on the trail and the change in the density of soil after the passage of hikers. Vegetation surveys measure the changes and possible impact on vegetation along the trail. Every year, Oxfam Japan carries out an environment assessment survey on the mountain trails before and after the Oxfam Trailwalker event.

今年は初の東北開催で、しかもコースの大部分が磐梯朝日国立公園内ということもあり、多数の参加者が通ったことで起こり得る自然環境や希少植物への影響を把握するための、より重要な調査となりました。
As this was the first time holding the Oxfam Trailwalker in Tohoku and the major part of the trail is located within the Bandai-Asahi National Park, the surveys were more essential than ever.

踏圧調査に詳しい特定非営利活動法人ホールアース研究所のJimmyさんと植物専門家の石井さんのご協力をいただき、調査を行いました。 Jimmyさんはコースの地形や地面の硬度変化の測定、石井さんは調査箇所の植物種の調査をしてくださいます。
We conducted the surveys in collaboration with Jimmy from Whole Earth Institute, and Mr. Ishii, a botanist. Jimmy measures the change in terrain on the course and in the density of soil. Mr. Ishii examines the state of the plants around the survey points.

今年は環境省指定の調査ポイント3箇所の調査をしてきました。森林の中のコース2箇所と、船明神付近の岩場1箇所です。
This year the surveys were conducted in three areas designated by the Ministry of Environment, two of which located in the forest, and the last one in rocky area near Funamyojin.

150727_staff_1.jpg
▲コース上の青い○が調査ポイントです。
The blue circle marks on the trail indicate the survey points.

Jimmyさんが踏圧調査をしている様子
▲Jimmyさんが踏圧調査をしている様子です。
Jimmy is conducting the tread pressure survey.

踏圧調査
▲Jimmyさんが踏圧調査をしている様子です。

調査箇所の植物の同定
▲石井さんが、調査箇所の植物の同定をしています。
Mr. Ishii is identifying plants around the survey area.

また、調査箇所をめぐる中で、コース上のマーカー撤去とゴミ拾いもあわせて行ってきました。 In addition to the surveys, we removed the route-markers and cleaned up litter along the trail.

マーカー撤去とゴミ拾い

腰にゴミ袋をつけて、ひたすらマーカーはずしと見つけたゴミを拾っていきます。参加者のみなさまのご協力のおかげで、ほとんどゴミは見当たりませんでしたが、残念ながら何箇所かには使用済みのティッシュペーパーが...。国立公園内でなくとも、携帯トイレの使用と汚物の持ち帰りはトレイルウォーキングを楽しむ人たちのマナーですので、今後はぜひ、ご協力をお願いします!
Staff walked the trail, removing route-markers and picking up litter along the way. Thanks to the cooperation of all participants, we found very little litters. But, we regret to say that used tissue paper were found in several places.... Oxfam Japan believes in respecting the environment. By picking up after ourselves and others, let us maintain the beauty and nature that Mt. Adatara and Bondai-Asahi National Park has to offer, let each of us set an example for others!

沼の平
▲調査日の沼の平は少し靄がかかっていて、とても幻想的な景色でした。
The fog over Numanodaira on the day of the survey made for it a breathtaking view.

安達太良山頂付近
▲風が靄を吹き払い、安達太良山頂付近からの眺望がひらけました。
Once the wind cleared the fog, we were able to enjoy the view from near to the summit of Mt. Adatara.

美しい安達太良山の自然保護に配慮しながら、また来年も多くの参加者の方にオックスファム・トレイルウォーカーをこの福島の地で楽しんで頂けたらと願っています!
The Oxfam Trailwalker is dedicated to caring for the environment at Mt. Adatara. We hope you and many others will join us for the Oxfam Trailwalker in Fukushima next year!

カテゴリ:トレイルウォーカー
タグ: