オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

STAFF BLOG スタッフブログ

オックスファム・ジャパンのスタッフの日々をお送りします。

清泉女子大学でハンガーバンケット

Posted by: オックスファム・ジャパン

2017年11月25日(土)に東京都品川区にある清泉女子大学にて、同大学の有志によりオックスファム・ハンガーバンケットが開催されました。
清泉女子大学では、毎年秋にハンガーバンケットが開催されています。
オックスファム・ハンガーバンケットは、世界の食の格差を「高所得」「中所得」「低所得」に分けて体感的に学ぶワークショップです。
20171125_3.jpg
清泉女子大学の有志による学生チームの主催により開催され、当日は、多くの方に足を運んでいただけたそうです。
参加された方々の感想がいくつか寄せられていますので、ご紹介します。
「学生が主体となって企画、運営されている点が素晴らしいと思いました。また、第三世界の人の食事が心配でしたが、その後みんなで食事ができたので良かったです。食事、休憩時間が十分にあったので他の参加者の人とも交流ができました。参加費500円の使用用途についてもきちんと説明があり、とてもよかったです。」
「貧しい人達の為に何ができるのか改めて考え直すことができました。学生さん達の人を助けたいという気持ちは素晴らしいと思います。これからもこのような活動を見続けたいです。」
「具体的なアクションを行おうと思いました。今、会社で行なっている事業ともこの問題を関連付けて解決にはかっていきたいと思いました。ありがとうございます。」
20171125_2.jpg
また、学生チームの代表を務めた清泉女子大学の由井七菜佳さんに感想を寄せていただきましたので、ご紹介します。
「今年のハンガーバンケットは参加者の方は社会人の方が殆どでしたのでディベートも幅広い意見が出て、スタッフの学生の方もとても勉強になるハンガーバンケットでした。ディベートでは今日から行動できることとして食べ物を残さないなど些細な心掛けから、会社も連携して飢餓問題に取り組むべきだという組織で変えていこうという意見も出て、例年に比べ飢餓問題に対して何かしら行動するきっかけとなるハンガーバンケットになったのではないかと思いました。
4秒で1人が亡くなる世界について学びを深められる機会になって良かったです。」
20171125_4.jpg
オックスファムでは、ハンガーバンケット実施のための手引書をダウンロードいただけるようにしています。
ご関心のある方はこちらのウェブページをご覧ください。

(ユースプログラム・コーディネータ)

カテゴリ:イベントキャンペーンボランティア
タグ:オックスファム,ハンガーバンケット,清泉