オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

STAFF BLOG スタッフブログ

オックスファム・ジャパンのスタッフの日々をお送りします。

[YG]自由の制約と契約を人権から考える

Posted by: オックスファム・ジャパン

2月10日はオックスファムの理念に賛同する10代から30代の若者によるボランティアグループであるオックスファム・ユースグループの定期会議でした。
ユースグループの定期会議では、人権に関係する話し合いを毎回行っています。
今回は「アイドルと自由恋愛」をテーマに、自らの自由を制約することを表明している女性アイドルが男性と一緒にいたところを報道され謝罪するという事案を具体例に、そういった事柄を人権から紐解きました。
そもそも、アイドルを目指している女性たちに、自由を制約する以外の選択肢があるのか、自ら本当に望んでいることなのか、契約した当時望んでいたとしても気持ちが変わった場合に契約に従う必要があるのか、そもそも人間の自由を制約する契約は有効なのかなど活発な議論がなされました。

20180210_2.jpg

カテゴリ:ボランティア
タグ:アイドル,ユースグループ,人権,自由,見せかけの選択肢