オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

STAFF BLOG スタッフブログ

オックスファム・ジャパンのスタッフの日々をお送りします。

九州から「公正な世界を目指して」

Posted by: オックスファム・ジャパン

2018年4月28日と29日に福岡県北九州市にて、オックスファムの理念に賛同する、オックスファム・ユースプログラム参加者主催によって2日間の連続ワークうショップが開催されました。
2日間で約40名の方々が参加いただき、オックスファムの活動に関する理解や地域からどのようにして「公正な世界」を目指すことができるかについての理解を深めました。
今回は、本企画にユースプログラムメンバーとして企画運営にかかわった2名より感想をいただきましたので、ご紹介します。

まずは、九州出身で現在は都内で働きながら、帰省に合わせて、地元でもオックスファムや公正な世界を目指す活動を広めたいと企画運営にかかわっていた中原さん。
「地域の人々との繋がりとオックスファムの資源を融合させ、各地で社会変革の波を起こしていくこと。私にとってそれこそがオックスファムとともに貧困のない公正な社会を築いていくための、最大限の効果を発揮する方法だと確信しています。私は小倉で4年間の大学生活を過ごしてこの地にご縁があったので、まずは小倉という場所から社会変革を一歩ずつ着実に、そして様々な友人たちとともに広げていきたいと思っています。」

続いて、2018年度のCHANGE Initiative参加者であり、北九州市立大学在学中の鈴木さん。
「一緒に企画していた仲間とうまく連携やコミュニケーションが取れず、意志の疎通などに難しさを感じたこともありましたが、当日には多くの人々に集まっていただくことができ、また参加した方から感想やうれしい反応を多くいただくことができました。そうした点にやりがいを感じました。」

オックスファムでは、「貧困のない公正な世界」を目指すうえで、全国各地で活動が行われることが重要だと考えています。

201804kitakyushu_2.jpg

カテゴリ:ボランティア
タグ:九州,北九州,国際協力