オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

STAFF BLOG スタッフブログ

オックスファム・ジャパンのスタッフの日々をお送りします。

ユースプログラムによる解散後の活動について

Posted by: オックスファム・ジャパン

オックスファム・ジャパンは2010年にユースグループが誕生して依頼、オックスファム・ユースプログラムとして、日本の学生や若者を対象とした取り組みを行ってきました。
20180609_2.jpg
2018年度に入り、秋口でオックスファム・ジャパンの解散することになった後も、オックスファムの掲げる理念を日本からの活動で貢献していくことはできないかという話し合いをユースプログラム参加者の有志が集まり行ってきました。
数か月に及ぶ話し合いの中で、メンバー一人ひとりがオックスファムのどの点にひかれているのかということを分かち合いました。
貧困は社会的排除であるという考えや、そういった貧困を乗り越える力を私たち一人ひとりがもっているということ、何よりも現地の人々を中心に置いた取り組みであるべきことなどについて多くのメンバーが共有する価値観としてあげていました。
話し合いを進めるにつれて、改めて、オックスファムの掲げている理念や活動原則についての気持ちが明確になりました。

オックスファム・ユースプログラムの有志による話し合いの結果、有志を中心として、特に学生や若者の育成を主軸に置きつつ、様々な団体などと協力しながら、社会問題を構造的に捉え、それらを解決を目指して行動していくムーブメントを育む活動をオックスファム・ジャパン解散後も任意団体CHANGE ネットワークとして続けていきたいという結論に至りました。
2019年にCHANGE Initiativeの後継となる活動を行い、活動を続けていければと思っています。
残念ながらオックスファム・ジャパンは一つの区切りを迎えてしまいましたが、オックスファム・ユースプログラムの有志でオックスファムの活動理念を日本からも引き続き育んでいければと思っています。

<<参考>>
CHANGE ネットワーク
https://www.facebook.com/pg/ChangeNetworkJpn/

カテゴリ:ボランティア
タグ: