オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

STAFF BLOG スタッフブログ

オックスファム・ジャパンのスタッフの日々をお送りします。

[クラブ]太平洋学園高等学校にて世界一大きな授業を実施

Posted by: オックスファム・ジャパン

5月10日(水)に高知県立大学のオックスファム・クラブのメンバーが、高知県高知市にある太平洋学園高等学校にて、同学校のご協力のもと、世界の教育問題について考える「世界一大きな授業」を開催しました。
当日は、複数の報道機関の取材もあったとのことです。
20170510_1.jpg
高知県立大学のオックスファム・クラブのメンバーである盛田さんに当日の感想をお聞きしました。

「今回の授業を通じて、人に伝えることの難しさを痛感しました。今回授業に参加された生徒さんの中には、国際協力に触れていない方も多く、そうした生徒さんに対して、どのように教育の現状を伝えればいいか、少しでも問題意識を持ってもらうためにはどう伝えたらいいのか、授業が終わるまで試行錯誤を繰り返していました。
世界一大きな授業は、世界の教育における不公正を知り、自分自身にできることが何なのか考えるきっかけになると思います。でも、それだけではなくて、私たち自身が教育を受けられることは、当たり前のことではなく、日本でも権利として教育を受けれるようになるまでには多くの活動があり、そうしたありがたみを感じるとてもよい機会だと考えてます。
人は生まれる場所を選ぶことはできません。だからこそ、機会に比較的恵まれている私たちに出来ることはたくさんあると思います。今の私に出来ることが、この世界一大きな授業を行うことだったと思います。
自分自身も改めて教育の大切さ、そしてもっと世界の教育の質をあげることの必要性を感じることができました。」

オックスファム・ジャパンでは、これからも各地のオックスファムクラブをはじめとした人々と協力して、「貧困のない公正な世界」の実現に向けて活動を展開します。
20170510_2.jpg

(ユースプログラム担当者 鈴木)

カテゴリ:イベントキャンペーンボランティア
タグ: