オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

OXFAM TODAY 活動情報

2013年以降の気候資金の確約が必須

今までの気候資金の大部分に約束された新規性や追加性はなく、返済必要な借款であることが明らかに。危ぶまれる途上国の気候変動対策。2013年以降の気候資金の確約が必須です。

異常気象にまたもや見舞われた2012年の第18回 国連気候変動枠組条約締約国会議(COP18)は、南アフリカのドーハで11月26日(月)に開幕します。短期資金は2012年で終了し、来年以降、途上国が気候変動の壊滅的な影響に適応し温室効果ガスの削減に取り組むための支援は未だ不透明なままです。

2009年のコペンハーゲン会議にて、先進国は、2020年までに毎年1,000億ドルの気候資金を動員することを合意し、まずは「短期資金(Fast Start Finance)」として、2010年から2012年にかけて300億ドルの気候資金を約束しました。2011年のカンクン会議では、この1000億ドルを運用するための基金として「緑の気候基金」が設立されました。短期資金の期間はあと1ヶ月で終了しますが、緑の気候基金は「空箱」の状態です。

オックスファムは、先進国の短期資金のプレッジを調査した新たな報告書を発表しました。コペンハーゲンにおいて、気候資金には、「新規性」と「追加性」が約束されたものの、報告書の試算によれば、短期資金のうち「新規性」が認められるものはわずか33%です。残りは、コペンハーゲン前に約束したものを再度提示したことになります。既存のODAや支援に対する「追加性」の問題に関しては、多く見積もって24%程度と試算されました。

短期資金の実態の乏しさ、異常気象の頻発に加え、12月で短期資金期間が終了することを踏まえれば、各国政府は、ドーハにて気候資金の野心的な引き上げを急務とすべきです。

京都議定書もまた、その第1約束期間を2012年に終え、岐路を向かえます。オックスファムは、各国政府に対し、第2約束期間を最終化し、排出削減のための厳格な施策を呼びかけています。

「危ぶまれる途上国の気候変動対策 短期資金の評価とこれから」プレスリリース(日本語)

「危ぶまれる途上国の気候変動対策 短期資金の評価とこれから」 メディア・アドバイザリー本文(英語)
Oxfam Media Advisory The climate 'fiscal cliff' An evaluation of Fast Start Finance and lessons for the future

PHOTO: Andy Hall(2012)
サヘル地域(写真はチャド)では干ばつによる食料危機が発生。

活動:GROW ,調査提言(アドボカシー)
分野:国連気候変動枠組条約(UNFCCC) ,報告書・提言書 ,気候変動
国: