オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)

UHC
妊産婦ケアが無料化されたことを知って、病院で無事出産したセリナ・フレッチャーさん(30)
ガーナ・アクラ @Abbie Trayler-Smith/Oxfam


病気やけがで働くことができなくなることは、貧困の大きな原因の一つです。また、貧しい人ほど様々な心身の疾患に苦しむ傾向があります。しかし、保健医療は利用者の「支払い能力」に応じて提供されているのが世界の現状であり、毎年1億人以上の人々が、医療費負担が原因で貧困に陥っています。昨今世界では、この状況を打破し、すべての人が必要な時に必要な医療を、貧困に陥ることなく受けられる状態、「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)」を達成しようと掛け声が上がり、どのような政策や制度、取り組みを通じてUHCを達成できるのか、活発な議論が行われています。オックスファムは、雇用形態や所得にかかわらず、すべての人が等しく良質な医療を受けられる必要があるとして、資金の再分配を通じた医療財政の確立を求めています。