オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

パレスチナ自治区

60718scra.jpg
©David Levene /Oxfam

パレスチナ自治区は、250万人が住むヨルダン川西岸地域と、150万人が住むガザ地区からなります。人々は西岸地域とガザ地区との間の自由な移動は許されていません。西岸地域は農業を主要産業とする小さな村の集まりで、耕地の約半分を占めているオリーブが主要な農産物です。パレスチナ人は貿易の約75%をイスラエルに頼っていますが、軍事封鎖の影響を生活のあらゆるところで受けています。多くの機会を制限されているなかで、土地、知識、農業スキルは人々にとって非常に重要な資産になっています。また、多くのパレスチナ家庭では、地元の食材を加工する伝統的な方法が大切に受け継がれています。2007年の市場調査では、パレスチナ市場の富裕層の間で、地元の食材を使って加工された質の高い食品の需要が高まっていることが分かりました。また、貧困克服にも寄与するという社会貢献的な商品は、消費者の購買意欲をかきたてることも分かりました。

オックスファム・ジャパンの活動

中小企業支援プログラム:自然食品の生産と加工、フェアトレード取引

60699scr_David Leveneb.jpg1. 地元の協同組合から加工食品を買い付け、パレスチナ国内や他国に販売する小規模企業 New Farm Company(NFC)の設立・運営を支援
※New Farm Company(NFC) http://www.newfarm.ps/ オックスファムの中小企業支援プログラムの融資により設立された最初の企業のなかの一つで、地域経済の牽引、女性の地位向上を目指す。


2. 販売マーケットの拡大及び競争力の強化
国内市場および輸出先のアラビア湾岸にある市場でNFCの競争力を向上させるようビジネス支援を行う。 また、フェアトレード認証商品やオーガニック商品に興味のある消費者を対象に、西側諸国にも輸出先を拡大できるように支援している。


3. 女性の社会的地位向上
NFCの社員に対して、ジェンダーに関する研修を行い、女性がビジネスやコミュニティの開発に積極的に動員できる環境を整備する。

成果

1.NFCの売上高が前年に比べて26%向上し、粗利益は設定目標値を達成 
2.NFC株主は、支援開始当初の2000人から5000人に増加
3.商品仕入先の地元共同組合の数が当初の4団体から13団体に増加し、より多くの共同組合に加盟者の収入向上に寄与した。また、商品の仕入は2倍に増加した。
4.商品仕入先で働く女性の割合が、当初の20%から48%に増加し、女性の社会参加が可能になり、家庭における女性の地位も向上している。
5.フェアトレード認証をはじめとして国際的な認証をいくつか取得し、今後の輸出に弾みをつける土台を構築した。中間業者を介してイギリス市場にも参入し、社員や生産者の自信となった。

現地からの声

協同組合のリーダーを務めるインテサー・ザアロルさん
OGB_60652_20101017Sir51-scra.jpg「以前まで私たち生産者は個々に活動をしていましたが、現在は協同組合で仲間と活動を共にしています。NFCと取引することになり、フェアトレード認証をもらう前はそれぞれのオリーブ畑で収穫できる分量が少なかったため、加工のため十分な収穫量になるまで待たなければなりませんでした。それではオリーブからとれる油の質がどんどん落ちてしまい、私達の手元に入る収入も下がっていました。しかし今では協同組合があります。収穫のときだけでなく、日常生活でも仲間と共に助け合うことができるようになりました。」

Oxfam today 活動情報(パレスチナ自治区)

NEWS ニュース(パレスチナ自治区)