オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

シリア

シリア人道支援

2011年3月から始まったシリア主要都市でのデモによる抗議運動が活発化し、シリア政府・治安部隊と衝突。反体制派と治安部隊との武力衝突が激化し、シリア危機へと発展しました。

シリア国民の半数以上が支援を必要としています。

シリアでは、2011年3月よりシリア政府と反体制派の衝突が激化して以降、状況は悪化の一途をたどり、死者数は20万人を超えています。現在、1,220万人のシリアの人々が支援を必要としており、このうち760万人は国内避難民となり、390万人以上が難民として近隣諸国に逃れています。ISIS(Islamic State in Iraq and al-Sham:イラク及びシリアで活動する武装勢力)とそれに対する米国をはじめとする同盟国の軍事活動によって、イラク国内の人々に必要な支援が届けられない場合もあります。シリアを逃れた難民のなかにも、清潔な住居に暮らすことができず健康状態が悪化し、生命の危機に瀕する人々がいます。現在のところ、平和解決への道は難しい状況です。

難民を受け入れた隣国レバノンとヨルダンでは、難民の受け入れが負担となりつつあり、シリア難民に対して生活の制約や強制移動、立ち退きが行われています。新たな難民の受け入れが厳しく制限されたことで、シリア国境には行く先の無い難民が多く滞在しています。レバノンやヨルダンにおいて、難民の多くは、難民キャンプではなく都市部で暮らしているため、緊急人道支援へのアクセスが困難になっています。

また、こうした状況下で、女性や少女たちは暴力の標的になっています。ジェンダーに関する問題に対しても慎重な対策が求められています。

オックスファムの支援活動

オックスファムは、シリア国内と難民を受け入れている周辺国で支援を拡大しています。2015年1月の時点までに、予算5,180万ドル(約61億1千万円)のうち88%の4,570万ドルが集まり、約158万8千人に支援が届けられました。今後もオックスファムは、この地域において支援を展開していきます。

 給水

syria_water.jpg
  • 安全な水を提供するための給水タンクと水処理設備の設置、井戸の掘削
  • 水質テストキットの提供
  • 給水タンクを設置するための現地のシリア人技術者へのトレーニング
  • 戦闘の影響で壊れてしまった給水設備の修復

 衛生

syria02.jpg
  • 避難先で衛生用品を購入するための物資引換券や少額の現金を提供
  • 難民キャンプでのトイレ、シャワー室や洗濯場の設置
  • 難民キャンプの人々の間で病気の蔓延を防ぐための衛生知識を普及する研修の提供
  • 飲料水用のフィルターを提供し、安全な水を確保

 食料の支援

syria_foods.jpg
  • 難民の人々が食料品を購入するための物資引換券や少額の現金を提供







    •  生活必需品の配布

      syria_goods.jpg
      • 家財を充分に持つことができず避難してきた難民の人々のための防寒用の毛布の提供
      • 高騰する住居費に直面しながら難民キャンプの外で暮らす人々への少額の現金支援

ご寄付の方法

◆クレジットカードによるご寄付

下記リンクより、クレジットカードでご寄付いただけます。
クレジットカード寄付お申込フォーム

*ご寄付の種類は「シリア危機」をお選びください。

◆郵便局(ゆうちょ銀行)からのご寄付

払い込み用紙に下記をご記入の上、窓口でお支払いください。

 口座番号:00140-6-53804
 口座名:OxfamJapan

*通信欄に「シリア危機」とご明記ください。
*領収書が必要な方は、通信欄に「領収書必要」とご記入ください。

詳しくは、今回の寄付をするをご覧ください。