オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

ディスカッションペーパー:SDGs 時代を迎えた日本のODA とその課題

オックスファム・ジャパン ディスカッションペーパー
SDGs 時代を迎えた日本のODA とその課題
オックスファム報告書「アカウンタビリティとオーナーシップ:ポスト2015 の世界における援助の役割」の視点から



Hyoshi.pngのサムネイル画像
ニューヨークでは今週月曜日から、持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラムが開催され、世界各国から関係者が集まり、SDGsの世界的なレビューが行われています。
オックスファム・ジャパンでは、2017年3月、ディスカッションペーパー「SDGs 時代を迎えた日本のODA とその課題、オックスファム報告書「アカウンタビリティとオーナーシップ:ポスト2015 の世界における援助の役割」の視点から」を発表しましたが、この度その英語版(仮訳)も完成しましたので、この機会に改めてご紹介致します。
ASSESSING JAPAN'S ODA IN THE ERA OF SDGS_final.pdf

<参考リンク> 
2017年3月シンポジウム報告
オックスファム報告書「アカウンタビリティとオーナーシップ:ポスト2015 の世界における援助の役割」原本 (*近日、日本語訳を公開予定です。)
以上

活動:調査提言(アドボカシー)
分野:
国: