オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

9月29日(火)開催: ソーシャル・ラボ-演劇から社会問題の解決を考える- in 高知

9月29日(火)に高知県立大学にて、「ソーシャル・ラボ-演劇から社会問題の解決を考える-」を同大学で活動するオックスファム・クラブの協力のもと開催しました。
まず、お互いを知るためのアイスブレイキングを行いました。
20150929_4.jpg
その後、私たちの世界にある社会問題についての話し合いを行い、私たちの世界がどのような問題を抱えているのかを話し合いました。
次に、ウォーミングアップとして、参加者で円を作り、演劇要素を加えた自己紹介を行い、2人1組になって表現力を高めるアクティビティを行いました。
続いて、社会問題を題材にした演劇を考え、グループごとに発表を行いました。
グループによる発表の後、その演劇の登場人物の誰が変われば問題が解決するのかを話し合いました。
そして、実際に演劇を再演し、その登場人物が変わるべきタイミングで、演劇を見ている人が挙手をし、その人物と入れ替わり、実際に社会問題に変化が生まれるかどうかを試みました。
最後に、振り返りを行い、気づいたことの共有しました。
気づいたこととして、演劇をすることで自分事として認識しやすくなるということや社会を変えるために話をすることや周囲の人々のことを気遣うことなど日々の活動の中から行えることがあったという声が寄せられました。
20150929_3.jpg
本企画は、社会の問題について一人ひとりがもつ潜在的な解決力を認識し、主体的に社会参画が行えるようになることを目的としています。
オックスファムでは、貧困のない公正な世界の実現には、一人ひとりの参加と行動が不可欠だと考え、日本社会における地球市民教育の推進を行っています。

活動:キャンペーン
分野:
国: