オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

10月30日(金)開催: ソーシャル・アクション クラス 第2回講座

10月30日(金)に(特活)開発教育協会主催「ソーシャル・アクション クラス~自分をソーシャルにする!開発教育ワークショップ~」の第2回目講座にて、オックスファム・ジャパンのコミュニティ・エンゲージメント オフィサーの鈴木が登壇しました。

本講座は、何か実践的に変化を求めて行動をしたいという人々を対象として、参加者同士の仲間づくりからはじめ、最終的には、ソーシャル・アクションを考えて、グループで実施するというもので、オックスファム・ジャパンでは、日本社会に生きるより多くの人々が問題解決のために行動することで、豊かな地球市民社会の実現に資すると考え、企画に協力しています。

第2回講座は、アイスブレイキングよりはじまりました。
このアイスブレイキングの担当者は、前回の講座で参加者の中から希望を取って決めていました。
アイスブレイキングの後には、鈴木による講演が行われました。
第2回目は「人がソーシャル アクションを起こすときはどんなとき?自分たちは?」というのをテーマで、他人や自分の行動や動機を分析することでソーシャル アクションをどうやって起こすのか、広げるのかを参加者の方々と一緒に考えました。
20151030_3.jpg
まず、「社会を変えるために何が必要か」という問いからはじまり、社会問題の解決方法を身近な事例を通して考えていきました。そして、次に「人が行動に移る際に何が必要なのか」を参加者一人ひとりの活動をしたいと思ったきっかけの共有を糸口に少人数のグループごとで話し合いました。
一人ひとり、行動するようになった具体的なきっかけは異なりましたが、 「他人事が自分事になるためにはその話し手への共感性が重要な役割をもつこと」や「データよりもヒューマンストーリー(当事者の人間性がわかる話)の方が共感が生まれやすく」、そうした機会に触れることで、活動に参加しやすいのではないかということが見えてきました。
20151030_4.jpg
社会は人々の集まりであり、社会を変えるためには、より多くの人々の協力を得ることが不可欠です。
社会を変えようとする際に、人がなぜ行動するのか、他者のために行動するのかを考えることは重要です。
また、社会構造によっては、行動に対する心理的ハードルや行動の種類に傾向があり、私たちが生きる日本社会の傾向を知ることも大切です。

第2回講座の宿題として、参加者には、「周囲の人々に、趣味(や社会問題について行動している人は、その社会問題)についてインタビューをし、その活動をすることになったきっかけやその事柄を続けている理由を聞く」ということが提示されました。 日本社会で人が行動する背景や継続して活動する理由を探ることとなりました。

第2回講座に参加した人々の感想として、「日本社会で感じるモヤモヤの理解が深まった。もっと考えていきたい。」「話し合いで自分の思いを発表することで自分の中でも整理されてよかった。」「メディアなどから自分たちはすごく影響を受けていてるんだと思った。」などの声を寄せていただきました。
20151030_5.jpg

活動:キャンペーン
分野:
国: