オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

6月29日(水)開催: [YG]対話の実験室-なんで国際協力ですか?-

6月29日(水)東京秋葉原にありますオックスファム・ショップ3331にて、オックスファムの活動に賛同する学生や若者によるボランティアグループであるオックスファム・ユースグループの主催で、「対話の実験室-なんで国際協力ですか-」が開催されました。

イベントでは、少人数でアットホームな雰囲気の中、各々が持つ国際協力への考えや興味を持つに至った背景を共有しながら、さらに掘り下げるために質問をし合うことによって、参加者の自己発見や新たな疑問を持つきっかけとなる時間になりました。
話しやすい雰囲気で、参加者一人ひとりのストーリーとそれに対する質問が活発な対話の時間でした。

今回のイベントのコーディネータであるオックスファム・ユースグループの蜂谷さんは、「社会的な不条理への疑念やフラストレーションを抱くか否かは、それまでの人生で培った感度の強さによるのではないかという話が、印象的でした。たとえば、格差を単なる現象として捉える視点にとどまるか、改善のために行動を起こさねばと情熱を抱くまでになるか。苦しみや屈辱のリアルを見たり、味わったりという経験の有無は、この違いに大きく影響していると言えるでしょう。」と感想を寄せてくれました。
また、蜂谷さんは、「国際協力に対するきっかけや視点に違いはありましたが、参加者のみなさんが、「国際協力」に対する問題意識を持っていました。その問題意識の根本にある、経験や生い立ちの部分を対話の中で共有し、新たな視点を見出すことができたのではないかと思います。」とイベントの総括を寄せてくれました。

20160629_3.jpg
お互いの話に耳を傾けて・・・

20160629_4.jpg
イベントでは、フェアトレード・ティーやチョコレートを味わいながら話し合いました。

20160629_5.jpg
少人数でアットホームな雰囲気の中話し合いが行われました。

活動:キャンペーン
分野:
国: