オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

12月14日(水)開催: [YG]対話の実験室「人権が侵害されるってどんなとき」

12月14日(水)に、オックスファムの理念に賛同する学生や若手会社員による有志グループであるオックスファム・ユースグループ主催にて、対話の実験室が開催されました。
今回のテーマは「人権が侵害されるってどんなとき」というお題にて話し合いを行いました。
*12月10日が世界人権デーであるために、人権関係のトピックになりました。

まず、「人権と聞いてどういうイメージを持つか」、「どういう時に人権が語られるのか」という問いから話し合いを始めました。
人権をめぐる考え方や、それぞれの参加者のこれまでの育ってきた環境を共有しながら、人権感覚を体現する、そして、広めるためには何が必要かを話し合いました。
日本における人権侵害や差別、日常での向き合い方など、多様な意見が出ました。
振り返りでは、対話を行ったことでより多角的な視点が持てたことなどが共有されました。

オックスファム・ジャパンでは、ユースグループと協力して、対話を通じて啓発手法の開発を試みています。
ご関心のある方は、ぜひ対話の実験室にご参加ください。
20161214_3.jpg

活動:キャンペーン
分野:
国: