オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

12月17日(土)開催:構造から考える世界の貧困(高知県立大学)

12月17日(土)に高知県高知市にある高知県立大学永国寺キャンパスにて、「行動から考える世界の貧困」ワークショップが開催されました。
同大学で活動するオックスファム・クラブの協力のもと、高知県内から若者が中心に集まって約10名ほどでワークショップを行いました。
20161217W_3.jpg
今回は通常のワークショップに比べて、一人ひとりが世界の構造に対して行えるアクションについて考える時間を多くとりました。
20161217W_4.jpg
そして、高知に生きる一人ひとりとして、「貧困のない公正な世界」の実現に向けて、日常的にどういった活動ができるのかを考えました。

国際協力というと、どうしても途上国での活動を意識する場合が多くありますが、世界と私たちの生活のつながりの中で、一人ひとりが行えることを意識すれば、日々の活動の中に社会を変えるヒントがあるということを参加者の方々には持ち帰っていただくことができました。
20161217W_5.jpg

20161217W_6.jpg

活動:キャンペーン
分野:
国: