オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

2月25日(土)登壇: 途上国開発の最前線に迫る! ~共創的リーダーシップのススメ~

2月25日(土)に特定非営利活動法人アイセック・ジャパン 一橋大学員会主催のイベント「途上国開発の最前線に迫る! -共創的リーダーシップのススメ-」にオックスファム・ジャパンのコミュニティ・エンゲージメント担当の鈴木が登壇しました。
イベントは、午前のインプット、午後のアウトプットに分かれ、午前には、JICA(国際協力機構)、NGO(ワールド・ビジョン・ジャパン)、そして、民間企業(マザーハウス)の3者がパネルディスカッションにてセクター間の共同の可能性について話し合いを行い、オックスファム・ジャパンの鈴木がモデレータを務めました。それぞれのセクターに属する団体の活動理念や現在の活動を共有したのちに、セクターを超えて協働するメリットについて話し合いました。
そして、そのうえで、学生とセクターの協働をテーマにオックスファム・ジャパンの鈴木より講演が行われました。
20170225_3.jpg
昼食の休憩をはさみ、午後は3-5人1組のグループに分かれ、学生を軸とした協働によった途上国開発のプロジェクトアイディアを話し合いが行われ、オックスファムの鈴木もリソースパーソンとして参加しました。話し合いを通じて、学生たちは自分たちの周囲にどのような人々がいるのかや自分たちが社会に与えられうるインパクトについて考える機会を得られているようでした。
最後にグループごとにアイディアの発表が行われました。
20170225_4.jpg

活動:キャンペーン
分野:
国: