オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

7⽉24⽇(⾦): シリア難⺠⽀援プロジェクト・中間報告会を開催しました

2011年からのシリア危機により、これまで20万⼈以上の命が奪われ、400万⼈近くが難⺠としてヨルダ ンなどの周辺国などに逃れています。現在、オックスファム・ジャパンは、ヨルダンのバルカ県やザルカ 県に住むシリア難⺠やヨルダンの貧困層の⼈々への⽀援プロジェクトを⾏っています。

2015年7⽉24⽇(⾦)19時から21時まで、オックスファム・ショップ3331にて、4⽉から8⽉までこの プロジェクトを担当している⼈道・安全保障分野のポリシー・オフィサーの夏⽊碧が、プロジェクトの中 間報告会を⾏いました。

報告では、まず、ヨルダンにおけるシリア難⺠の状況などを説明してから、オックスファム全体としてこ れまでどのようにシリア危機に対応し、ヨルダンでどのようなプロジェクトを実施してきたのかを説明しました。

そして、オックスファム・ジャパンのシリア難⺠⽀援プロジェクトを含む、現在オックスファムがヨルダ ンで実施しているプロジェクトを概観し、その背景や、直⾯している課題をお話ししました。

中間報告会.jpg
会場では、とても多くの質問をいただき、最後まで活発な議論が⾏われました。暑い中ご来場くださいま した皆様、ありがとうございました。 バルカ・ザルカ県のシリア難⺠やヨルダンの貧困層への⽀援プロジェクトの詳細は、こちらをご覧ください

活動:緊急人道支援
分野:水と衛生 ,紛争と平和
国:シリア