オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

シリア難民への支援プロジェクト:商品引換券使用店舗の選びかた

オックスファム・ジャパンは、ジャパン・プラットフォーム(JPF)の助成のもとで、ヨルダンのオックスファム・オフィスと連携して、ヨルダンのバルカ県やザルカ県の貧困地域などに住むシリア難民や貧困層のヨルダンの人々への支援を始めました。具体的には、20ヨルダンディナール(2015年6月25日現在のレートで約3500円)相当の衛生用品の商品引換券を配布し、石鹸やオムツなど、それぞれの世帯に必要な衛生用品を購入してもらいます(プロジェクトの概要は、こちらのページをご覧ください)。現在、ポリシー・オフィサーの夏木碧が、6月30日から7月15 日までヨルダンに出張し、事業の進捗状況の確認や現地スタッフとの調整を行っています。

このプロジェクトのために、援対象世帯の特定・登録を担ったのは、ヨルダン・オフィスの「プログラム」部門のスタッフとボランティアです(詳しくは、こちらのページをご覧ください)。その一方で、対象世帯に配る衛生用品引換券を使うことができるお店の選定作業を主に担っているのは、「プログラム」部門ではなく「ロジスティクス」部門のスタッフです。その理由は、プログラムに必要な物資や輸送の確保は、「ロジスティクス」部門の仕事になっているからです。

この店舗の選定プロセスも、とても地道な作業でした。対象地域で衛生用品を販売するほぼ全ての店舗を見てまわり、店舗側の意思を確認しながら、今回のプロセスに適合するかどうかをチェックしました。

IMG_3791.JPG

写真:ロジスティクス部門のスタッフ、べラル・トゥバシ(Belal Toubasi)。

例えば、バルカ県のサルト(Salt)で商品引換券を使えるようにする店舗については、交通のアクセスや品揃えが良い大型の店舗から、支援対象者の家の近くの小さな店舗まで、各世帯の事情に合わせられるよう、幅広く候補を選びました。そして、販売しているアイテムの豊富さや、各商品の価格表示がなされているか等をチェックして各店舗に点数を付けました。そのうえで、評価が高かった店舗については、オックスファムのスタッフが各店舗に出向いて応募書類を渡しました。

今週までに、商品引換券を利用する対象店舗になる意思がある店舗から、応募書類が集まる見込みです。その後、さらに店舗の最終選定を行ったうえで、最終的に選考に残った店舗と契約を結びます。

IMG_3813.JPG
写真:候補店舗の一つ。比較的小さい店舗で品揃えも少ないが、支援対象者の居住地に近く、各商品の価格が表示されている。

*******************
オックスファム・ジャパンでは、シリア危機による被害を受けた人々への緊急人道支援のために寄付を募っています。ご協力いただけるかたは、クレジットカードあるいは郵便局(ゆうちょ銀行)での払込にて、ご寄付いただけましたら幸いです。

【ご寄付の方法】
◆クレジットカードによるご寄付
*ご寄付の種類は「シリア危機緊急人道支援」をお選びください。
◆郵便局(ゆうちょ銀行)からのご寄付
払い込み用紙に下記をご記入の上、窓口でお支払いください。
口座番号:00140-6-53804
口座名:OxfamJapan
*通信欄に「シリア危機」とご明記ください。
*領収書がご入用の方は、通信欄に「領収書必要」とご記入ください。

活動:緊急人道支援
分野:水と衛生 ,紛争と平和
国:シリア