オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

被災地の若年女性調査報告書と提言

Tohoku Girls' Voicesについて

声が聞こえない、見えない=存在しない/問題が無いでは無い



オックスファム・ジャパンはパートナー団体と協力して、東日本大震災後の復旧・復興支援において、思春期・若年女性たちが抱える問題やニーズ、そして彼女たちの復興への力を社会科学的な手法で明らかにし、日本の政策、法律、復興事業を整備していく一助とすることを目的として2015年度事業として被災地の若年女性の実態の調査を行い、この度「Tohoku Girls' Voices」としてまとめました。

reportcover.jpg本調査は、東日本大震災の発生当時、10~20代だった女性たちの生活や心身に及ぼした影響を、インタビューによって明らかにしたものです。

被災地では、これまでもメディアによる「取材」や、行政による実態調査「アンケート」など、住民の実態やニーズを把握するための取り組みが多数存在します。ただ、その中で被災時に10代~20代であった「若年女性」の困難や彼女たちの持っている力について焦点を当てた包括的な分析は見当りません。

 若年女性は、年齢が若く健康であるため、一般的には行政の支援対象とは見なされません。しかし、彼女たちは震災後には増大した家庭内のケアワークを負担したり、職を変える必要に迫られたり、進路変更を余儀なくされたり、引っ越しせざるをえなかった等、その後のライフコース選択に大きな影響を受けています。

 にもかかわらず、そうした経験や困難について、彼女たちが積極的に語ることはまずありません。本調査に協力した若年女性たちは、一様に「自分は大丈夫だ」「自分は他の被災者と比べて恵まれている」「困っていることは特にない」と発言しています。行政に対して何かを要望することもほとんどありません。

 一方で、彼女たちの持つ力も看過されてきました。今回の調査では、震災を体験した若年女性たちが地域のために貢献したいと職業を選択したりボランティアで動き始めた例が複数ありました。しかし、活躍できる場所が限られていたりすることが明らかになりました。

本報告書の提言部分では、若年女性の困難だけでなく、彼女たちが本来持つ力を分析することで導き出された、被災地復興と日本の発展のために必要な施策をしるしました。次世代が生かされる復興政策や地域づくりのために行政や支援団体と共有する予定です。

この調査が実現したのは、調査チームが持つ異なる専門性によるところが大きいといえます。

第一に、若年女性のインタビューを直接手掛けたNGO・BONDプロジェクトの参加があります。BONDは、これまで東京・渋谷などの街中で10代~20代少女の話を聞き、フリーペーパー「VOICES」にまとめてきました。こうした少女たちは、行政による支援を必要とする状況にあっても、自ら受援行動を起こすことはまれであり、自分の置かれた困難な状況を言語化する際「死にたい」「消えたい」と表現するが、詳細は語りません。

つまり、少女たちの気持ちに寄り添い、本音や必要とするものについて、聞き取るには特殊技術や専門性を必要とします。BONDプロジェクトのメンバーは、その技術を活用して被災地の若年女性の心の声を聞き取ることに成功しています。 第二に、政策分析を手掛けたNGO・Gender Action Platform(GAP)の存在があります。GAPのジェンダー専門家による国際潮流と政策枠組みを踏まえた分析により、若年女性達の声を集めた本報告書は、単なる「意見」や「感想集」を超えて、政策立案に生かせる提言にまでつながっています。今回、分析を手掛けた2人の専門家は、いずれも、国連における女性政策や開発政策の議論、現場における経験が豊富であり、日本の課題を世界的な文脈に結び付けて分析しています。

第三に、本調査を経済面で支えた、国際協力NGO・オックスファム・ジャパンの存在があります。第一、第二で言及した専門的な知見や技術を活用するためには、財政的な裏付けが欠かせません。また、各分野の専門家を見抜き、適材適所のチームワークを組む、プロジェクト・マネジメントも必要です。オックスファムは、この役割を担いました。

この調査は本音を聞き取る知見と経験、それを国際的な観点を踏まえつつ社会学的に分析し、政策提言に結びつける専門性、全体をまとめあげるマネジメントの下記の3者が協同しました。それにより、日本国内において、過去に例を見ない「被災地の」「若年女性」に特化した調査が実現しました。

■報告書ご希望の方へ

この報告書はハードコピーでのみの発行となっております。。
ご希望の方は大変お手数ですが次のとおりお手続き賜りますよう何卒お願い申し下げます

1. 報告書代金1000円をオックスファムの口座にお振みお願いいたします。
口座番号: 00140-6-53804
加入者名: OxfamJapan
通信欄:
「若年女性報告書代金」とご記入ください。

2. A4が入る封筒をご用意し、宛名をご記入の上、205円切手を貼り、小さく折りたたんで、上記郵便局の支払い領収書もしくはそのコピーとともに封筒に封入(小さな封筒で大丈夫です)

3. オックスファムより届けられた封筒に報告書を1冊入れて返送いたします。

活動:
分野:報告書・提言書 ,女性の権利
国:日本(東北)