オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、
貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。

気候変動

Climate Change
©Oxfam

気候変動は、世界各地で農民たちを苦しめています。放置すれば、人類の食料生産能力そのものにとって、壊滅的な影響を及ぼしてしまいます。温暖化によって、多くの土地では食料生産高が落ち、天候不順によって、農家は、いつ種をまき、いつ畑を耕し、いつ収穫すればよいのかも、わからなくなってしまいます。また、温暖化は、干ばつや洪水、熱波をより激しく、より頻繁にもたらします。そこに住む人々の暮らしは、何年にもわたって打撃を受けることになります。

気候変動と農業の関係は一方的なものではありません。現在、地球上に排出されている温室効果ガスの約3分の1は、農業活動によって排出されています。多くの国で用いられている農法が、気候変動をもたらす原因にもなっているのです。気候変動を生み出す原因から食い止め、予想される被害に対する防衛策を講じる必要があります。

オックスファム・ジャパンの取り組み

支援活動

干ばつや台風、洪水など、気候変動による災害の被害者に対する人道支援活動を行います。また、災害が起こったときに対応できるコミュニティをつくり、防災強化に努めます。

フィリピン台風30号(2013年)

過去の支援活動

アフリカ・サヘル地域 食料危機   インド~洪水に負けない村づくり 

アドボカシー

気候変動は世界規模の問題で、世界各国の合意が不可欠です。オックスファムは、国連気候変動枠組み条約締結国会議(COP)などの国際会議に合わせて、詳細なデータや被害を受けた国の状況分析に基づいた提言書を各国政府へ提示し、国際合意の形成に向けた政策提言活動を行います。

キャンペーン/アウトリーチ

世界で一人ひとりが気候変動を自分たちの問題として捉え、日々の生活を変えていくようキャンペーン活動を行っています。また、市民が声を上げることで、政府に対して働きかけます。